海外に学ぶ真のITベンチャー企業とは

海外に学ぶ真のITベンチャー企業とは
2017年12月14日 mfb

2017年12月14日
株式会社エス・エム・エス・データ・テック
事業開発室 広報

日本の各業界は多くの場合、大学や研究所などの学術コミュニティを新しい発明と革新の出発点とし、サービスのローンチを行っています。このように学術コミュニティからサービスに発展させるプロセスはヨーロッパや北アメリカよりもはるかに優れていると言われています。
しかし、日本でのアイデアの実現可能性は、ヨーロッパや北アメリカよりも劇的に少なくなっています。その傾向は特にIT業界では顕著となっています。

 

企業環境におけるイノベーション

White&Papersのデータによると、リスクを取ることに対するインセンティブについて、日本企業の上級幹部の33%が不十分であると感じています。対して、北米:24%、ヨーロッパ:26%と日本企業では比較的不満足度は高いという結果が出ています。このことがもたらすのは、昇進することを目標とせず安定的な企業生活を送る社員が多くなってしまうということ。そのような企業体質では、社内でも新しいアイディアも実現しにくい環境にあるといえるでしょう。日本の海外進出もそのような視点で消極的になっているのが現状で、産業のガラパゴス化をもたらしている原因の一端となっています。その独自の生態系を他の企業や世界の一部にその製品やサービスを採用させることで利益を得るということが現状の世界進出です。

 

ハードウェアの国であった日本

日本のハードウェアにおける世界進出は事例は多いですが、優れた革新的なソフトウェアが日本から出てくることはあまりありません。独立系のソフトウェア会社が出現してからまだ10年から15年程しか経っていません。日本のソフトウェア産業は徐々にスピードをあげていますが、現状ではヨーロッパ、北米、中国より数年遅れています。

例えば、ロボティクスやIoTでは、日本がこれまで長年非常に強くしてきたハードウェア分野が活用されます。しかし、ハードウェアだけではなくソフトウェアがキーを握るようになりつつあります。そしてBoston Dynamicsのようなロボットとテクノロジーとを一体化することが世界のトレンドになりつつある今、日本の企業はソフトウェア分野でも遅れを取るわけには行かないのです。

 

シリコンバレーの文化を取り入れた福岡

日本の企業は、ビジネスの創造性と国の経済の見通しを高めるために、「スタートアップ・カルチャー」を進化させ、採用しています。日本のスタートアップ文化には、IoT、人工知能(AI)、機械学習(ML)、オートメーションなどの技術の巨大な焦点と成長の増加が見られます。福岡県福岡市では「グローバル創業・雇用創出特区」として、創業の支援と雇用の創出に取り組んでおり、起業しやすく整えられはじめています。

STRT UP FUKUOKA CITY

この発想はカリフォルニアのシリコンバレーの影響を大きく受けていると言えるでしょう。シリコンバレーのスタートアップを取り巻く環境は、成長の速いスタートアップ企業を支援する機関によって成り立っており、知的で経済的な原動力となっています。
例えば、2016年、安倍晋三首相はスタンフォードでシリコンバレーの教訓をどのように学んでいるのか、またどのようにスタートアップのネットワークを構築しようとしているかを「日本は、シリコンバレーやスタンフォード大学などのイノベーション精神を反映するように経済を変革しなければならない」と述べ、その結果、日本は高成長ベンチャー企業の質と量の増加を政府が後押しする姿勢を見せました。

                                 全文はこちら

シリコンバレーに比べると、ベンチャーネットワークはまだまだ規模は小さいですが、ベンチャーネットワークが強くなれば大企業がよりオープンになり、日本のスタートアップサイクルが加速していく種はあるといえるでしょう。

 

まとめ

日本以外の国でも、日本と同じ環境に直面している国があります。市場で何が働いているかを把握し、実際のソリューションを開発しそれらをテストして世界中に展開する絶好の機会があるというこに気付くことで、スタートアップをサポートしていく仕組みがあれば、世界中の産業が活性化していくことでしょう。

前述したように日本のシステムは非常にリスク回避的ですが、日本では失敗に対する態度が若干変化しています。
これからの日本には楽観的なリーダー像が求められているのかもしれません。

 

参考文献

Japanese Management Culture and Corporate Innovation
Shinzo Abe at Stanford: Innovation will spur Japan’s future|Stanford news
Japanese prime minister touts innovation links to Stanford, Silicon Valley
Japan transforming its innovation culture by changing social norms, Stanford scholar finds|Stanford news
Japan’s Emerging Culture Of Innovation: The Invisible Things Can Be The Hardest To Change|Fobes
IT trends in Japan for 2017